トップ / 歯科で無痛治療を行う

麻酔の種類

歯科も麻酔で治療します

むし歯が進行して歯科治療でも痛みを伴う時には、麻酔をしてから治療が行われます。痛みを軽減するための処置ですが、その注射自体が痛いこともありますので、いきなり注射をするのではなく、歯茎に薬剤を吹きかけて、じょじょに麻痺させていくことも行われます。注射も一気に注入するのではなく、何回かに分けて少しずつ麻痺させていく歯科医の方が丁寧な印象を与えます。特に小さなお子さんですと、痛みを伴う治療によって病院嫌いになりますので、麻酔などを含めた無痛治療を積極的に受けさせたいものです。早めの治療が大切ですので医者嫌いになると困ります。

治療の麻酔の種類について

歯科医院にはさまざまな麻酔方法があります。一番身近なものとして、歯茎に注射をすることがあるのですが、それは注射ではなく麻酔です。そのほかにもいろいろな種類があります。例えば、無痛治療のために笑気ガスを吸わせるものもあります。吸入鎮静法とよばれるものです。また、顎のほうから注射をするものもあります。神経の伝達を利用した方法で、薬液が神経を伝い、麻痺させます。現場では伝麻と呼んでいます。そのほかゼリー状の薬を患部にしみこませる方法があります。浸麻と呼ばれる方法です。歯科の治療は手術もあれば、歯を削ることもあります。治療行為に合わせて、これらの方法のうち最適なものが選ばれるのです。

↑PAGE TOP