トップ / 歯医者で自信の持てる歯に

麻酔の種類

歯ぎしりが疑われるなら歯医者へ

歯医者では、歯ぎしりの治療を受けることができます。虫歯や歯周病のような病気ではありませんが、日常のストレスが原因で歯ぎしりの症状を持つ人が、意外にも多く存在します。寝ている最中に症状があらわれるため、自覚症状がないのが難点です。歯ぎしりを放っておくと、歯がすり減るばかりか、歯茎が退行する原因にもなりますので、歯や歯茎に異常や傷みがあるのなら、歯医者に診てもらいましょう。歯ぎしりの治療ではマウスピースが使われます。これを装着すれば、就寝中の歯ぎしりによる、歯や歯茎へのダメージを軽減することができます。

歯科治療の重要性について

歯周病というものは大したことのない病気のように思われがちですが、実はとても恐ろしい病気なのです。なので、我々にとって歯科治療はとても重要と言えます。例えば、歯周病になると、歯茎が細菌に浸透され、総入れ歯になるケースも有ります。他にも、糖尿病・心臓血管疾患・骨粗しょう症・肺炎・感染性内膜炎などの病気になる危険があります。歯周病にならないための予防は、丁寧な歯磨きを行うことが重要となります。それでも、もし歯周病になってしまったのならば、早期に歯科治療を受けるべきです。

↑PAGE TOP