トップ / 歯医者で治療できること

麻酔の種類

歯医者の定義と近年の診療内容

歯医者は現在日本の医療制度上医師と区別されて規定されており、多くは一般歯科に従事することになります。ドリルなどの医療器具を使って手術されますが、近年ではこうした行為の負担を軽減される工夫がなされています。また、歯医者では歯に治療・矯正をほどこす行為他にも、口腔内の衛生や審美を目的として歯科行為をおこなっています。特に、審美を目的とした行為についてはホワイトニングやインプラント治療が該当します。インプラント治療は、入れ歯のデメリットを補完する形での治療法にあたるため、業界内では注目が集められています。

歯科で行ってもらえる治療

歯科ではどのような治療をしてもらえるのでしょうか。たとえば歯周病があります。これは歯ぐきに炎症が起きたり、歯を支える歯槽骨が溶けてしまう病気です。歯を失う主な原因となりますし、口臭の原因にもなりますから、ぜひ治しましょう。また、入れ歯治療も歯科の得意分野です。入れ歯は保険適用で作れますし、生活の質を高める大切な器具です。それだけにお口に合っていないと、不快感を生じさせます。また、インプラント治療をしている歯医者さんも多いです。

↑PAGE TOP